Capture One Pro

【Capture One Pro 20】25%オフ!2020年7月の割引情報

日本時間の2020年7月末までCapture One Pro 20 の25%オフのキャンペーンが開催されています。

今回の割引対象品は

  • Capture One Pro 20(カメラメーカー問わない版)
  • Capture One Pro 20 富士フイルム版
  • Capture One Pro 20  ソニー版
  • Capture One Pro 20  ニコン版

となっています。

購入方法はCapture One Pro 20 のキャンペーンページから商品を選び、25%オフクーポンコード「TAKE25OFF」を入力してください。

富士フイルム版は特にフィルムシミュレーションとの相性がよく、富士フイルム版、ソニー版ともに使い勝手の面からも実質的に純正のRAW現像ソフトと言っても過言ではないので、ぜひ25%の今のうちに購入しておきましょう。

Capture One Pro 20の細かなバージョンの違いがわからない方はこちらをご覧ください。

図で見るCapture One Pro 20 の商品ラインナップと購入方法※2020年5月に、新たに「Capture One for Nikon」が発売されました。それに伴いホームページデザインも一新されていま...

サブスクリプション版は割引の適用に注意が必要

今回の25%オフキャンペーンは、今回の決済で支払う金額に適用されます。

つまりサブスクリプション契約で月々払いにしてしまった場合、初月分にしか25%オフは適用されません。

かなりもったいないので、サブスクリプション版を購入する場合は「年間プラン-前払い」を選びましょう。

今回のキャンペーンでオススメのプラン3種

今回のキャンペーンでは割引額の差が大きく、3つの基準でオススメを選んでみました。

割引額が一番大きいもの

Capture One Pro 20 永久ライセンス+2020 Ultimate Styles Collection(145個のスタイル)は割引額が一番大きく25%オフのメリットを一番出しやすいです。

そしてライセンスは買い切りとなりますので、以降バージョンアップをしなければ追加費用も発生しません。

ただバージョンアップをしていく予定があるのならば、サブスクリプションタイプをおすすめします。

コストパーフォーマンスが一番いいもの

Capture One Pro 20 サブスクリプション+2020 Ultimate Styles Collection(145個のスタイル)は割引金額がそこそこ大きく25%オフのメリットを活かせます。

そして何より、実質約10,000円でスタイルが145個も付いてくるのはコストパフォーマンスが良すぎます。

ランニングコスト優先

とにかく月々の支払い相当額を抑えたい場合は、Capture One Pro 20 サブスクリプション版の年間プラン-前払いが、1年での支払総額は一番少なくなります。

全く同じ条件での比較では無いですが、月々742円相当の支払額ってAdobe Lightroomより安いですね。(富士・ソニー・ニコンの場合)

クーポンコードの使い方

25%の割引を受けるには決済の際に

  • クーポンコード…TAKE25OFF

のクーポンコードの入力が必要になります。

それでは、決済の流れを画像で解説します。

ショッピングカートに商品を入れる

Capture One Pro 20 商品選択

まず、購入する商品をショッピングカートに入れます。

Capture One Pro 20(無印)の販売ページ

Capture One Pro 20 富士フイルム版の販売ページ

Capture One Pro 20 ソニー版の販売ページ

Capture One Pro 20 ニコン版の販売ページ

決済画面のポップアップでクーポンコードを入力する

Capture One Pro 20 決済画面

商品をショッピングカートに入れると、画像のような決済の画面が出てくると思います。

この「キャンペーンコードの入力」欄に「TAKE25OFF」と入力しましょう。

小文字でも大丈夫です。

すると、金額が25%割引の料金表示になると思います。

割引になっているのを確認したら、クレジットカードの情報を入力し、決済を完了しましょう。